初詣 PR

浅草寺初詣2024|屋台はいつまで出店?参拝人数や混雑状況についても!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

東京の有名観光地といえば浅草ですよね!

浅草は食べ歩きスポットから参拝できるお寺まで、見るところが盛りだくさんです。

そんな浅草寺に初詣に行きたい方も多いのではないでしょうか。

浅草寺には、初詣の時期限定の屋台がいつまで出店しているのか気になりませんか?

また、参拝人数はどれくらいで、混雑状況はどうなっているのかも知りたいですよね。

今回は、

浅草寺初詣2024|屋台はいつまで出店?

浅草寺初詣2024|参拝人数

浅草寺初詣2024|混雑状況

について、調査しました!

浅草寺初詣2024|屋台はいつまで出店?

浅草寺初詣では屋台はいつまで出店しているのか調査したところ、12月31日から1月5日まで出店されていることが分かりました!

時間は日ごとに異なるため、以下の表を参考にしてください。

屋台はいつまで出ているのか気になっていた方は要チェックです。

12月31日22時〜
1月1日〜19時
1月2日、1月3日9時〜18時
1月4日、5日11時〜17時

12月31日は出店準備が終わった屋台から順次販売開始となります。

22時頃には大体の屋台が出揃い、活気に溢れた通りとなるようです。

また、屋台の他にも普段から浅草寺の前に店舗を構えている仲見世通りの飲食店も深夜まで営業しているみたいですよ!

初詣ついでに浅草名物を食べたい場合も安心ですね。

屋台は本堂前の開けたところに沢山あり、参拝した後に回ることが出来ます。

そして、三が日を過ぎると、屋台の数は段々と少なくなるようです。

基本的には5日までの出店みたいですよ。

過去には三が日後初めての日曜日までやっている屋台もあったようですが、数は少ないと思われます。

昨年は、1月6日には屋台は全撤収していたようです。

そのため、屋台を初詣の目当ての一つとする場合は、できる限り1月1日〜1月5日に行くと良いかもしれません。

屋台がいつまで出店しているのか気になっていた方は、ぜひ浅草寺の屋台営業中に行ってみてくださいね。

浅草寺初詣2024|参拝人数

浅草寺初詣では参拝人数はどれくらいなのか調査したところ、約280万人と予想できることが分かりました!

これまでの三が日の参拝人数を表にまとめたので、参拝人数推移の参考としてご覧下さい。

2020年296万人
2021年64万人(コロナの影響)
2022年186万人
2023年約250万人(※正確な数字は不詳)

引用:読売新聞

コロナ以前の2020年は、浅草寺の歴史の中でも最高である296万人の参拝人数となっていました。

コロナにより2021年は参拝人数が減少しましたが、2022年は前年の3倍もの参拝者が訪れています。

2023年の参拝人数は、新聞社などから正確に算出した数字が出されていませんが、読売新聞が予想していたように250万人前後ではないかと考えられます。

そして浅草寺はコロナ以前、三が日で280万人もの参拝者が訪れるお寺として有名でした。

参拝人数が増加している背景とコロナ以前の事実から、そろそろ2020年と同様の数字まで回復するのではないかと考えられます。

また、円安と規制緩和から、海外からの旅行客も増加するでしょう。

そうすると、280万人よりも参拝者が多い可能性もありますね。

浅草寺初詣2024|混雑状況

浅草寺初詣の混雑状況はどれくらいなのか調査したところ、ほぼ一日中混雑していることが分かりました!

もしその中でも比較的空いている時間を狙うとすれば、本堂が開いた直後もしくは本堂が閉まる直前だと予想できます。

浅草寺の本堂が開いている時間帯と、その中でも空いていると予測できる時間帯をそれぞれ表にまとめました!

浅草寺の営業時間

12月31日6時半~19時
1月1日0時~20時
1月2日、1月3日6時半~20時
1月4日6時半~17時
引用:浅草寺

浅草寺の本堂が空いている時間は通常営業の時間のみ浅草寺公式ホームページに記載されています。

年末年始の時間に関しては、これまでの初詣の営業時間を調査して一番可能性の大きい時間を掲載しています。

比較的空いていると予想できる時間

12月31日~22時
1月1日19時半~
1月2日、1月3日~7時、19時半~
1月4日~7時、16時半~

浅草寺は観光地ということもあり、なかなか空いていると言えるほど人が少ない時間帯を見つけることは難しいでしょう。

その中でも比較的空いているとすれば、本堂の営業時間の開始直後と終了直前だと言われています。

また、本堂の中を見たり、お守りや御朱印を購入しない場合は、日が暮れてから参拝することをお勧めします。

屋台や仲見世通りも営業していない時間帯であれば、かなり人の出入りは減っている事でしょう。

以下のポストを見ても、夜は参道の石畳が見えるほど人が少ないです。

それでは、昼間の込み具合はどうなのか見てみましょう。

こちらは1月2日の17時に浅草寺に行った方のようですが、夕方でも参拝まで1時間待ったみたいです。

本堂からの写真をみると、どれだけ並んでいるのかがよく分かりますね。

上記のポストはいずれも1月2日のものですが、1月1日の混雑具合は雷門より手前の道路まで行列が出来るほどだそうです。

年の変わり目に行くと、本当に混んでいることが分かりますね。

浅草寺のライブカメラ

当日行く前に、どれだけ混雑しているかをライブカメラで確認しても良いかもしれません。

かなり広角なカメラです。

年末年始にどれだけ屋台が出ているのか、どれだけ並んでいるのかが確認できると思います。

時間に余裕をもって、安全に浅草寺の参拝に臨んでくださいね。

まとめ

浅草寺初詣で屋台はいつまで出店しているのか、また、参拝人数や混雑状況についても調査しました。

屋台は12月31日~1月5日まで出店していると考えられます。

5日を過ぎると屋台がなくなってしまう可能性が高いため、できる限り早めに行くことをお勧めします。

参拝人数については、今年は約280万人が訪れるのではないかと予測できます。

コロナ禍以前の毎年の参拝者数が280万人であり、規制緩和が進んだ今では以前の参拝者数に戻るのではないかと考えられます。

そのため、浅草寺の初詣はかなりの混雑が予想されます。

その中でも比較的空いている時間帯は本堂の営業時間のうち、開店直後と閉店直前です。

また、お参りのみを目的に行く場合は、屋台など店が閉まる夜の時間帯に行くことをお勧めします。

人が多いことが予想されますので、トラブルに巻き込まれないように注意しながら参拝に行きましょう!