テレビ・映画 PR

糸(映画)が気持ち悪い訳は?気まずいシーンがあるかも調査!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

糸(映画)は中島みゆきさんの名曲「糸」にインスパイアされ製作されました。

主演を務める菅田将暉さんと小松菜奈さんの結婚によって、さらに注目度が上昇しましたよね。

幼いころに出会った二人が運命に翻弄されながらそれぞれの人生を歩む姿に、涙した方も多いのではないでしょうか。

そんな糸(映画)ですが、検索すると「気持ち悪い」「ひどい」といった声が見られました。

なぜそのように言われているのか気になりますね。

また、恋愛映画あるあるの気まずいシーンがあるのかが気になりまだ見ていないという方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、

糸(映画)が気持ち悪いと言われる理由3つ

糸(映画)に気まずいシーンはある?

についてまとめていきたいと思います。

糸(映画)が気持ち悪いと言われる理由3つ

糸(映画)が気持ち悪いと言われている理由は以下の3つです。

演出が気持ち悪い

編集が気持ち悪い

音楽が気持ち悪い

それぞれ詳しくまとめていきたいと思います。

演出が気持ち悪い

まず1つ目は「演出が気持ち悪い」についてです。

内容が薄く、お涙頂戴な演出が受け入れられないとのこと。

演技派の俳優陣が選出されていることから、演出にもかなり期待値を上げてしまいますよね。

また、ストーリーも恋愛映画によくある展開で、開始数十分でオチが分かってしまったなんて声も見られました。

恋愛映画なので、どうしても似通った内容になってしまったのかもしれないですね。

編集が気持ち悪い

2つ目は「編集が気持ち悪い」についてです。

編集についての口コミは糸(映画)が地上波で放送された際に多く見られました。

カットシーンが多く、事前に映画館で見ていた方がガッカリするほどカットされてしまっていたようです。

幼少期のシーンや何気ないシーンでも、人によっては「見たい!」と思っていたのかもしれないですね。

カットが多いことで内容も淡々としてしまい、さらに「演出が気持ち悪い」といった声に繋がってしまったのかもしれません。

地上波では放送時間などによってカットが多くなってしまうのはよくあることです。

残念な気持ちになってしまうのもしょうがないですね。

音楽が気持ち悪い

3つ目は「音楽が気持ち悪い」についてです。

糸(映画)の挿入歌には、原作の「糸」を歌う中島みゆきさんの名曲が数多く採用されています。

しかし、中には「なぜここで流す必要が?」と思ってしまうほど、タイミングが合っていないシーンがあるようです。

また、主題歌の「糸」を映画内で何回も流しており、飽き飽きしてしまうとの声も見られました。

中島みゆきさんのファンであればあるほど、無駄遣いされている感を感じてしまったのかもしれないですね。

糸(映画)に気まずいシーンはある?

糸(映画)には気まずいシーンはありません

親と一緒にでも気まずい思いをせずに安心して見れると思います。

ただ、恋愛映画ではあるのでキスシーンなどはありますが、しっかり描写されている訳ではありません。

地上波のゴールデンタイムで流れるようなドラマと同程度と思って大丈夫なレベルです。

また、気まずいシーンだと感じるのは一緒に見ている方との親密度なども関係してきます。

人によってはロマンチックな雰囲気が気まずいシーンだと感じるかもしれないですね。

まとめ

今回は糸(映画)が気持ち悪いと言われる理由や気まずいシーンの有無についてまとめていきました。

糸(映画)が気持ち悪いと言われる理由は3つありました。

1つ目は演出がありきたりでつまらないといった声。

2つ目は地上波で放送された際にカットシーンが多く、編集が気持ち悪いといった声です。

3つ目は挿入歌などの音楽のタイミングが悪く、不自然で気持ち悪いといった声が見られました。

糸(映画)には気まずいシーンはありませんが、恋愛映画なのでキスシーンはあります。

ただ、キスシーンの描写はあっさりとしているのでそこまで気まずくはならないでしょう。

糸(映画)は酷評が目立ちますが、中には「良い映画だった!」といった声ももちろん見られます。

ぜひ一度糸(映画)を見てみてはいかがですか?